薄毛エリート遺伝子のAGA治療体験記

私は現在30代前半男性、AGA治療はAGA専門病院で治療を始めて1年半が経ちます。治療のきっかけ、経過と1年半現在での結果を書き綴ってみます。AGAは遺伝の割合が大きいと言われていますが自分の父親は河童型の薄毛、母方の祖父も父方の祖父も男性型のAGAというエリート遺伝子の持ち主です(笑)最近は母親も(笑)小中、高校と薄いと周りに言われ続けこんなにも早く来てしまうのかと絶望しって、抜け毛を一本一本数えるという神経質な状況にもなっていましたが、恥ずかしい思いもあって特別対策はしていませんでした。しかし20代も中盤になったころまた色々な人に指摘されるようになり、思い切って当時CMしていたAGA治療院に現状を見てもらうことにしました。結果は見事に進行しているとの事で今治療を始めれば改善が十分見込めると言われました。藁にもすがる思いで高額でしたが契約を結びました。治療内容としては服薬3種類と添付薬というシンプルなものでした。血液検査などもありましたが。効果は2,3か月目から感じられました。鏡越しに明らかに透けていた頭皮が地肌が見えなくなったのです。ただそこから効果は止まったように思います。積極的治療は1年なんですが目に見えて改善したのはその最初だけ、あとは飲み続けることで維持をしようといった状況です。つむじが少し薄い状態が現在残ってしまったんですが、そこからまた薄くなるということは今のところないように思います。ただ薬はずっと飲み続けないとまた薄くなるそうです。AGAの治療と言うのは薬で行うことができるようになっていますからそれは心配することはないです。しかし、確実に効果があるのか、といえばそんなことはないです。そこがやや難しいことになります。それに根本的にホルモンバランスが悪くなっているから男性型脱毛症になってしまっているという場合においては、抜けた毛がまた生えるようにしたとしても、またそこから抜けるということになってしまいます。ですからまずそもそもAGAが起きてしまうというという状態を抑えることが重要になります。その方法としてあるのがなんといっても一つの考え方としてある生活習慣を正すということです。ホルモンバランスが原因であるわけですから、そこから正していくことによってかなり治療をというよりはそもそも根本的な原因となる部分の改善を狙うことができるようになります。これで上手く完治するのか、といえば微妙な所ではあるのですが、やらない価値はないです。やるべき価値がある対象法の一つであるといえるでしょう。

クリニック集客ノウハウお家の見直ししま専科住宅リフォーム総合情報内職 アルバイトサプリメントJALカード健康ナビ医療ラボ医療ラボ病院ネットクリニックの教科書クリニックラボクリニックナビ病院の教科書病院ラボ病院ナビ